loading

相場レポート

相場レポート

米雇用統計発表による米ドルの急激な変化に要注意か

米雇用統計発表による米ドルの急激な変化に要注意か
本日のポイント
  1. 米・雇用統計
  2. 米・ISM非製造業景況指数

前日の米国通貨は、加ドルが下落し、米ドル/加ドルは1.3261から1.3346まで90pips弱上昇した。米ドル/加ドルは日足ベースで200EMAにタッチしたポイントで反発し、昨日の上昇となった。再度下落を試し反発となりリテストが成功した際には、米ドルが対加ドルで強含む展開へと変化するため、本日米国時間での雇用統計発表に注目したい。

欧州通貨は、昨日政策金利が0.5%引き上げられ、4.0%となったポンドが、対米ドルで下落した。ポンド米ドルは1.2400から1.2202まで約200pips下落。4時間足200SMAにサポートされる形で下げ止まった。ポンド米ドルは、昨日の下落により日足20MAを下回り、先月1ヶ月続いた上昇トレンドが終了したため、継続した下落に警戒したい。

本日は、16:00にトルコ・消費者物価指数、トルコ・生産者物価指数、16:45に仏・鉱工業生産、仏・製造業生産指数、17:50に仏・サービス業PMI、17:55に独・サービス業PMI、18:00に欧・サービス業PMI、18:30に英・サービス業PMI、19:00に欧・生産者物価指数、21:15に英・ピルMPC委員の発言、22:30に米・雇用統計、23:45に米・サービス業PMI、24:00に米・ISM非製造業景況指数、28:30に米・デイリー:サンフランシスコ連銀総裁の発言がある予定だ。米雇用統計発表による米ドルの急激な変化に、十分注意したい。

相場レポート 記事一覧

1 / 25 Page
次のページNext
  1. 2023.02.03New

    米雇用統計発表による米ドルの急激な変化に要注意か

  2. 2023.02.02New

    ECB・BOEの政策金利発表による価格変動に警戒か

  3. 2023.02.01New

    米・政策金利発表での通貨強弱の乱高下に十分警戒か

  4. 2023.01.31New

    米・S&P/ケースシラー住宅価格指数の結果に注意か

  5. 2023.01.30New

    今週のECBを控えユーロが上昇していくのか注目か

  6. 2023.01.27

    上値が重い米ドルが上昇を試みるのか注視か

  7. 2023.01.26

    対円で下落しているポンドが回復するのか注目か

  8. 2023.01.25

    ユーロが対ポンドで上昇するのか方向性に注目か

  9. 2023.01.24

    米国時間での相次ぐ指標発表に要注意か

  10. 2023.01.23

    強含んでいるオセアニア通貨の上値余地を注視か

  11. 2023.01.20

    米・ハーカー:フィラデルフィア連銀総裁の発言内容に注目か

  12. 2023.01.19

    最強通貨となったフランの勢いが継続するのか注視か

  13. 2023.01.18

    最弱通貨となったユーロがCPI発表により回復するのか注目か

  14. 2023.01.17

    日銀金融政策前日のクロス円の値動きに警戒か

  15. 2023.01.16

    週始めの米ドルの値動きを静観か

  16. 2023.01.13

    下落しているクロス円の勢いが継続するのか要警戒か

  17. 2023.01.12

    上昇しつつあるユーロが値を伸ばすのか注視か

  18. 2023.01.11

    反発している米ドルが対フランで強含むのか注目か

  19. 2023.01.10

    パウエルFRB議長の発言にて米ドルが動くのか警戒か

  20. 2023.01.09

    円高基調となっている通貨強弱がどう変化するのか警戒か