loading

Exness 口座タイプ

口座タイプ

Exness 口座タイプ

Exness (エクスネス)では、初心者からプロまで全てのトレーダーに適した「スタンダード口座」2種類と、経験豊富なトレーダーに適した「プロフェッショナル口座」3種類、合計5種類の口座タイプをご用意しております。スタンダード口座は、一番人気の標準型である「スタンダード口座」と、より少額資金かつ低リスクでトレードを始めたいビギナー向けに特化した「スタンダードセント口座」。プロフェッショナル口座には、中上級者のトレードスタイルに合わせてお選びいただける「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」の3種類の口座タイプがあります。

scroll

<人気No.1>

スタンダード口座


スタンダード口座は、10USD(相当)から入金でき、初心者から上級者まで幅広く利用できる、一般的な口座タイプです。

スタンダード口座の詳細

<初心者用>

スタンダードセント口座


スタンダードセント口座は、わずか10通貨からの小ロットで最大レバレッジ無制限を利用した取引が可能な口座タイプです。

スタンダードセント口座の詳細

<中上級者用>

ロースプレッド口座


ロースプレッド口座は、0.0pipsからの最狭スプレッドを実現し、最大3.5USD(相当)までと低く抑えた手数料が特徴です。

ロースプレッド口座の詳細

<中上級者用>

ゼロ口座


ゼロ口座は、変動手数料を採用し、全取引時間の95%で、取引量の多い上位30銘柄のスプレッドをゼロで提供しています。

ゼロ口座の詳細

<中上級者用>

プロ口座


経験豊富な上級トレーダー向けのプロ口座は、唯一、即時約定方式を採用しており、取引手数料も無料で利用できるのが特徴です。

プロ口座の詳細
プラットフォーム MetaTrader4/5 MetaTrader4 MetaTrader4/5
注文執行方式 Market Execution
(成行約定)
Instant Execution
(即時約定)
初回最低入金額 10USD(相当) 1,000USD(相当)
最大レバレッジ(*1) 無制限
証拠金によるレバレッジ制限(*2) 0USD~999USD:
無制限(条件あり)
0USD~4,999USD:
最大2,000倍
5,000USD~29,999USD:
最大1,000倍
30,000USD以上:最大500倍
取引手数料 なし 最大3.5USD
(片道)
最小0.2USD
(片道)
なし
最低スプレッド 0.3pips 0.0pips 0.0pips 0.1pips
最小ロットサイズ 0.01ロット 0.01セントロット 0.01ロット
最大ロットサイズ(*3) 200ロット
(午後4:00~午前5:59)
20ロット
(午前6:00~午後3:59)
200セントロット 200ロット
(午後4:00~午前5:59)
20ロット
(午前6:00~午後3:59)
最大ポジション数 無制限
マージンコール 60% 30%
ロスカット(*4) 0%
ゼロカット あり
取引可能銘柄 【MetaTrader4】
合計:243
FX通貨ペア:119
株価指数CFD:14
株式CFD:73
貴金属CFD:11
エネルギーCFD:3
仮想通貨CFD:23
【MetaTrader4】
合計:36
FX通貨ペア:34
貴金属CFD:2
【MetaTrader4】
合計:198
FX通貨ペア:82
株価指数CFD:10
株式CFD:73
貴金属CFD:8
エネルギーCFD:3
仮想通貨CFD:22
【MetaTrader4】
合計:243
FX通貨ペア:119
株価指数CFD:14
株式CFD:73
貴金属CFD:11
エネルギーCFD:3
仮想通貨CFD:23
【MetaTrader5】
合計:267
FX通貨ペア:108
株価指数CFD:11
株式CFD:100
貴金属CFD:10
エネルギーCFD:3
仮想通貨CFD:35
【MetaTrader5】
-
【MetaTrader5】
合計:237
FX通貨ペア:82
株価指数CFD:10
株式CFD:100
貴金属CFD:8
エネルギーCFD:3
仮想通貨CFD:32
【MetaTrader5】
合計:267
FX通貨ペア:108
株価指数CFD:11
株式CFD:100
貴金属CFD:10
エネルギーCFD:3
仮想通貨CFD:35
取引可能時間
(日本時間)
【夏時間】:
(月曜)午前 6:05 ~
(土曜)午前 5:59
【冬時間】:
(月曜)午前 7:05 ~
(土曜)午前 6:59
複数口座の開設(*5) 可能
法人口座の開設 不可
GMT時差 【MT4/MT5】
夏時間:±0時間
冬時間:±0時間
  1. 冬時間はプラス1時間になります。
  2. 無制限レバレッジは、口座残高が1,000ドル以下で、最低10回(指値注文を除く)のポジション決済と5ロット以上の取引を行った場合のみご選択頂けます。
  3. このレバレッジ制限は、メジャー・マイナー通貨ペア、ゴールド、シルバーのみに適用されます。その他レバレッジ制限の詳細はこちらをご覧ください。
  4. 株式市場休憩時間中のロスカットレベルは100%に設定されます。
  5. 取引口座はMT4、MT5でそれぞれ最大100口座を上限に、合計200口座まで開設可能です。

Exnessの口座タイプの特徴

Exness(エクスネス)の口座タイプは、大きく分けて「スタンダード口座」と「プロフェッショナル口座」の2タイプございます。「スタンダード口座タイプ」は「スタンダード口座」と「スタンダードセント口座」の2種類で、「プロフェッショナル口座タイプ」の中には「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」と3種類あり、全5種類の口座タイプを提供しております。

口座タイプ画像 口座タイプ画像

それぞれ口座タイプごとに取引基準が異なるため、各口座タイプの特徴をご確認頂き、お客様のトレードスタイルに応じて最適な口座タイプをお選びください。尚、各口座タイプの主な違いは以下になります。

Exnessの各口座タイプの主な違い
  スタンダード スタンダード
セント
ロースプレッド ゼロ プロ
初回最低入金額 10USD(相当)(*1) 1,000USD(相当)
取引手数料 なし 最大3.5USD
(片道)
最小0.2USD
(片道)
なし
最低スプレッド 0.3pips 0.0pips 0.1pips
注文施行方式 Market Execution(成行約定) Instant Execution
(即時約定)
取扱銘柄数
【MT4】合計243銘柄
【MT5】合計267銘柄
【MT4】合計36銘柄
【MT4】合計198銘柄
【MT5】合計237銘柄
【MT4】合計243銘柄
【MT5】合計267銘柄
初回最低入金額
スタンダード 10USD(相当)(*1)
スタンダードセント
ロースプレッド 1,000USD(相当)
ゼロ
プロ
取引手数料
スタンダード なし
スタンダードセント
ロースプレッド 最大3.5USD(片道)
ゼロ 最小0.2USD(片道)
プロ なし
最低スプレッド
スタンダード 0.3pips
スタンダードセント
ロースプレッド 0.0pips
ゼロ
プロ 0.1pips
注文施行方式
スタンダード Market Execution
(成行約定)
スタンダードセント
ロースプレッド
ゼロ
プロ Instant Execution
(即時約定)
取扱銘柄数
スタンダード
【MT4】合計243銘柄
【MT5】合計267銘柄
スタンダードセント
【MT4】合計36銘柄
ロースプレッド
【MT4】合計198銘柄
【MT5】合計237銘柄
ゼロ
プロ
【MT4】合計243銘柄
【MT5】合計267銘柄
  1. スタンダード口座とスタンダードセント口座の初回入金額は、決済方法の最小入金額によります。内部振替による資金移動を利用すれば、1USDの入金(資金移動)から取引可能です。

スタンダード口座タイプについて

Exnessではスタンダード口座タイプとして、標準サイズの取引量(1ロット=100,000通貨)で幅広い銘柄をお取引頂ける「スタンダード口座」と、より小ロット(1ロット=100通貨)での取引を可能にした「スタンダードセント口座」の2種類の口座タイプを提供しております。取引手数料はいずれも無料、スプレッドも最大レバレッジも共通です。お客様の取引経験やトレード資金に合わせてお選び頂けます。

スタンダード口座の特徴
スタンダード口座の特徴
初回入金額が10USDからと少額で始められる
Exnessで提供している全ての銘柄を取引できる
初心者~上級者まで全てのトレーダーに最適

スタンダード口座は、Exness(エクスネス)で最も人気の高い口座タイプです。他の口座タイプと比べてスプレッドはやや広めですが、取引手数料が無料で、ほどんどの決済方法において初回最低入金額が10USD(相当)と低めに設定されているため、少ない資金で取引を始めて頂くことが可能です。

また、スタンダード口座は、Exnessの中で取引可能銘柄が最も多い口座タイプとなります。海外FX業者の中では珍しく、個別株式CFD商品も豊富に取り揃えており、100銘柄もの株式CFDをお取引頂けます。海外FXでのトレードが初めての方はもちろん、トレード上級者にもご利用頂きやすい仕様となっております。

スタンダードセント口座の特徴
スタンダードセント口座の特徴
取引サイズはスタンダード口座の100分の1
小ロットから低リスクで取引可能
取引銘柄はFX34銘柄と貴金属2銘柄

スタンダードセント口座は、より小ロットでの取引を可能にした口座タイプです。取引量(ロット)の単位は、スタンダード口座の100分の1となる1ロット=1000通貨。0.01ロット=10通貨からトレードができるため、損失リスクを低く抑えつつ、リアルマネーによる本格的なトレードを堪能して頂けます。

スタンダードセント口座の取扱い銘柄は、市場流動性の高いFX通貨ペア34銘柄と貴金属2銘柄の合計36銘柄のみです。最大2,000倍のレバレッジと証拠金維持率0%でのロスカット、安心のゼロカットシステム、各銘柄の値動きとスプレッドはスタンダード口座と完全に共通となっています。本格的なトレードを始める前の実戦練習としてもご活用頂けます。

プロフェッショナル口座タイプについて

Exnessはプロフェッショナル口座タイプとして、「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」と3種類の口座タイプを提供しております。中級から上級トレーダー向けとなる3種類の口座タイプの主な違いはスプレッドと取引手数料です。取引手数料に関しては、固定手数料・変動手数料・手数料無料と口座タイプごとに形態が異なりますので、お客様のトレードスタイルにあわせて選択可能です。

ロースプレッド口座の特徴
ロースプレッド口座の特徴
取引手数料は1ロットあたり片道最大3.5USD
安定した極小スプレッドは最低0.0pipsから
トータルコストを抑えた取引が可能

ロースプレッド口座は、主要通貨ペアの最低スプレッドが0.0pips~と極小スプレッドを実現した口座タイプです。スプレッドが広い傾向にあるクロス通貨ペアも、極小スプレッドで取引をすることが可能です。取引手数料は原則固定で1ロットの取引ごとに片道最大3.5USD(相当)に設定されており、トータルコストを抑えたお取引をして頂けます。ロースプレッド口座の、主要通貨ペアの平均スプレッドは以下の通りです。

ロースプレッド口座の平均スプレッド(2022年10月現在)
通貨ペア 平均スプレッド
USD/JPY(米ドル/日本円) 0.0pips
EUR/USD(ユーロ/米ドル) 0.0pips
AUD/USD(豪ドル/米ドル) 0.2pips
GBP/USD(ポンド/米ドル) 0.1pips
EUR/JPY(ユーロ/日本円) 0.2pips
AUD/JPY(豪ドル/日本円) 0.3pips
GBP/JPY(ポンド/日本円) 0.3pips

note

  • 主要通貨ペアの取引手数料は一律片道3.5USD(相当)で、株式CFD商品は手数料無料です。仮想通貨、株価指数CFD商品の取引手数料は、片道最大3.5USDで銘柄によって異なります。
  • Exnessでは、変動スプレッドを提供しております。スプレッドは市場のボラティリティにより変動するため、リアルタイムのスプレッドは、トップページのプライスボードをご参照ください。
ゼロ口座の特徴
ゼロ口座の特徴
取引手数料は片道最低0.2USD/ロットから
主要通貨ペアやCFD商品のスプレッドがほぼ0.0pips
多くの銘柄をスプレッドを気にせず取引可能

ゼロ口座は、Exnessで提供している口座タイプの中で最もスプレッドが狭く、銘柄によって取引手数料が1ロット取引ごとに最低0.2USD(相当)から変動する特徴的な口座タイプです。メジャー通貨ペア28銘柄については95%の時間帯でスプレッド0.0pipsでの取引が可能で、その他の商品においても50%の時間帯でゼロスプレッドを提供しております。取引手数料は銘柄によって異なりますが、取引にかかるトータルコストは多くの銘柄において取引手数料のみになるため、コスト管理が容易になる点がメリットです。

ゼロ口座では、ボラティリティの高い時間帯を除けば、多くの金融商品をゼロスプレッドでお取引頂けるので、スプレッドの狭さを重視するトレーダーや、EA(自動売買)トレーダーに最適な口座タイプとなります。ゼロスプレッド対象のFX通貨ペアは以下の通りです。

ゼロスプレッド対象の金融商品一覧

AUD/USD、EUR/USD、GBP/USD、NZD/USD、USD/CAD、USD/CHF、 USD/JPY AUD/JPY、CAD/JPY、GBP/JPY、EUR/AUD、EUR/CAD、EUR/CHF、EUR/GBP EUR/JPY、EUR/NZD、GBP/AUD、GBP/CAD、GBP/CHF、NZD/JPY、NZD/CAD NZD/CHF、GBP/NZD、CHF/JPY、CAD/CHF、AUD/GBP、AUD/CHF、AUD/CAD

もっと見る
プロ口座の特徴
プロ口座の特徴
低スプレッドかつ取引手数料無料
Instant Execution方式で約定がスムーズ
取引回数の多いスキャルピング取引に最適

Exnessのプロ口座は、取引手数料無料かつ狭小スプレッドでコストを抑えた取引が可能な口座タイプです。主要通貨ペアの平均スプレッドについては、0.6~0.9pipsと平均水準以下の低スプレッドでお取引頂けます。

各口座タイプの取引手数料と最低スプレッド一覧
口座タイプ 取引手数料 最低スプレッド
スタンダード口座 なし 0.3pips
スタンダードセント口座 なし 0.3pips
ロースプレッド口座 最大3.5ドル(片道) 0.0pips
ゼロ口座 最小0.2ドル(片道) 0.0pips
プロ口座 なし 0.0pips
スタンダード口座
取引手数料 なし
最低スプレッド 0.3pips
スタンダードセント口座
取引手数料 なし
最低スプレッド 0.3pips
ロースプレッド口座
取引手数料 最大3.5ドル(片道)
最低スプレッド 0.0pips
ゼロ口座
取引手数料 最小0.2ドル(片道)
最低スプレッド 0.0pips
プロ口座
取引手数料 なし
最低スプレッド 0.1pips

また、プロ口座はExnessの口座タイプの中で唯一、執行注文方式としてInstant Execution(即時約定)を採用しています。Instant Executionは、トレーダーの注文を一旦Exnessが決済すると同時にカバー先へ流す仕組みです。Instant Executionではタイムラグが生じにくいため、プロ口座ではスリッページがほぼ発生しません。一方、Exnessのその他の口座タイプではMarkets Execution(成行約定)を採用しています。Markets Executionでは、Exnessがカバー先へ注文を出す仕組みとなっているため、約定拒否(リクオート)は起こりにくいですが、スリッページは発生してしまうことがございます。高い約定力と低コストのバランスに優れたプロ口座は、取引回数の多いスキャルピングトレードにおすすめです。

ポイント

スリッページとは?

スリッページとは、注文から約定までのわずかな時間の間にレートが変動し、注文を入れた時にMT4/MT5画面に表示されていた価格とは異なる価格で約定してしまう状況を指します。Exnessのプロ口座ではスリッページがほとんど発生せず、MT4/MT5に表示された価格にて約定されるため想定外の損失を被る心配はございません。

Exnessの全口座タイプの共通点

Exness(エクスネス)で提供している5種類の口座タイプ、「スタンダード口座」「スタンダードセント口座」「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」にはそれぞれ特徴や違いがありますが、共通点もいくつかございます。

Exnessの各口座タイプの主な共通点

レバレッジは無制限
(条件あり)

レバレッジは無制限(条件あり)

追証なしの
ゼロカットシステム

追証なしのゼロカットシステム

ロスカットレベルは0%

ロスカットレベルは0%

レバレッジが最大2,000倍(条件クリアで無制限に)

Exness(エクスネス)では、全ての口座タイプで最大2,000倍のレバレッジをご利用頂けます。更に、有効証拠金が1,000USD未満かつパーソナルエリア内の全ての取引口座で、10回以上取引し(指値注文を除く)、5ロット以上決済済みという条件をクリアすれば、無制限レバレッジをご選択頂くことが可能となります。

ハイレバレッジを提供する海外FX業者は多く存在しますが、高くても1,000倍程であったり、それ以上のレバレッジを提供していても口座数量を限定していたりすることがほとんどです。Exnessでは、条件付きですが、全口座タイプで常時無制限レバレッジを提供していますのでダイナミックなお取引を体感して頂けます。

note

  • 無制限レバレッジは、エキゾチック通貨ペアや仮想通貨、エネルギー、株式、インデックス(指数)のCFD商品ではご利用頂けません。
  • 口座残高によるレバレッジ制限もございますのでご注意ください。

ゼロカットシステム採用で追証なし

Exness(エクスネス)では、全ての口座タイプでゼロカットシステムを採用しております。急激な価格変動により有効証拠金を上回る損失が発生した場合でも、Exnessがマイナス残高を補填するため、追証(追加証拠金)を請求することはございません

ゼロカットシステムは、お客様のご資産を安全に保護するためのサービスです。基本的には入金額以上の損失を被るリスクはございませんので、安心してExnessのハイレバレッジトレードをお楽しみ頂けます。

ロスカットレベルは0%

Exness(エクスネス)では、全ての口座タイプにおいてロスカットレベルを0%に設定しております。お取引口座の証拠金維持率が0%になるまで強制決済されないため、損切りによる損失を抑えることができます。多くの海外FX業者はロスカットレベルを20%~50%に設定している中、Exnessのロスカットレベル0%は非常に低い水準であり、2,000倍あるいは無制限のハイレバレッジを最大限ご活用頂くことが可能です。

note

  • マージンコールについてはスタンダード口座は60%、その他の口座タイプは30%と、口座タイプによって異なりますのでご注意ください。
  • 株式市場休憩時間中のロスカットレベルは100%となります。株式市場休憩時間に保有中のポジションの証拠金維持率が100%に達した場合、強制ロスカットされる可能性がございますのでご注意ください。

Exnessでトレードスタイルに適した口座タイプの選び方

Exness(エクスネス)では、標準的なスペックで少額資金からハイレバレッジトレードをご体感頂ける「スタンダード口座」と、より少額資金からのトレードを可能にした「スタンダードセント口座」、トレードスタイルに合わせてスプレッドや手数料の特徴を最大限生かせる「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」と幅広いトレーダー層にご満足頂ける口座タイプを提供しております。口座タイプごとに適したトレードスタイルをご参考の上、お客様にとって最適な口座タイプをお選びください。

トレードスタイルとExnessの口座タイプ トレードスタイルとExnessの口座タイプ

少額資金で高利益を狙いたいなら「スタンダード口座」

少額トレードで高い利益を狙いたい場合は、Exnessの「スタンダード口座」がおすすめです。スタンダード口座は、Exnessの最大の魅力である最大2,000倍あるいは無制限のハイレバレッジトレードを少ない資金で、なおかつ幅広い取引銘柄を対象に始めることができる口座タイプとなります。

プロ口座タイプ3種類の初回最低入金額が1,000USD(相当)であるのに対し、スタンダード口座タイプの2つの口座(スタンダード口座とスタンダードセント口座)には初回最低入金額の制限がなく、各入金方法の最低入金額である10USD(相当)からハイレバレッジな取引を始めることが可能です。海外FXが初めてという方は、まずはExnessのスタンダード口座で少額からお取引を始めて頂くことをおすすめします。

最小ロットで低リスクなトレードを始めるなら「スタンダードセント口座」

スタンダード口座よりもさらに少額で、リスクを抑えつつリアルトレードを始めたい方におすすめなのが「スタンダードセント口座」です。「セント=100分の1ドル」の名が冠されていることからもわかる通り、スタンダードセント口座の取引サイズは、通常の海外FXの取引サイズ(1ロット=100,000通貨)の100分の1。1ロット=1,000通貨(1セントロット)になります。最小0.01ロット=10通貨単位からの取引ができるため、リスクを極力抑えつつFX取引を始めたいお客様に最適な取引環境となっています。

スタンダードセント口座の取扱銘柄は、マーケットでの取引量が多く、流動性に優れたFX通貨ペア34銘柄と、ボラティリティの高さで人気の高い貴金属2銘柄の合計36銘柄です。また、取引口座はMT4のみに対応しています。取引口座の基本通貨は、米セント、ユーロ・セント、イギリス・ペニー、オーストラリア・セント、カナダ・セント、スイス・ラップの6種類からご選択頂けます。日本円は、ご入金頂いた時点でのExnessの交換レートで口座の基本通貨に両替して反映されます。

トータルコストを抑えたいトレーダーは「ロースプレッド口座」

スプレッド+取引手数料といったトレードにかかるトータルコストを抑えたいトレーダーには、「ロースプレッド口座」がおすすめです。

Exnessのロースプレッド口座は、1ロットの取引あたり片道最大3.5USDの手数料が必要となりますが、主要通貨ペアの平均スプレッドが0.0pips~と極小であるため、トータルでかかるコストを低く抑えることができます。更に狭いスプレッドを提供するゼロ口座については取引銘柄によって手数料が変動するため、多くの銘柄においてロースプレッド口座が最も低いコストでお取引頂ける口座タイプとなります。

メジャー通貨をゼロスプレッドで取引したいなら「ゼロ口座」

Exnessの5種類の口座タイプの中で、安定したゼロスプレッドでお取引頂けるのは「ゼロ口座」のみです。ゼロ口座では、ほとんどの時間帯で主要通貨ペアをスプレッド0.0pipsでお取引頂くことが可能です。また、ボラティリティの高い時間帯を除けば多くの金融商品がゼロスプレッドとなります。

取引手数料は銘柄によって異なり、片道最低0.2USDからの変動制となります。銘柄によっては片道6USD以上かかる通貨ペアもございます。しかし、ゼロ口座ではメジャー通貨ペアのスプレッドはほぼゼロのため、トータルで考えると、ロースプレッド口座に引けを取らない低コストでのお取引が可能です。ゼロ口座は、スプレッドの狭さが重要となるスキャルピングやEA(自動売買)でのトレードにもおすすめです。

スキャルピングトレーダーは「プロ口座」

スキャルピング手法で取引したいトレーダーには、取引手数料が無料かつ、高い約定力と狭小スプレッドが特徴の「プロ口座」がおすすめです。スキャルピングとは、数秒から数分の短期間取引で得た小さな利益を積み上げていくトレード手法です。約定力とスプレッド・取引コストの低さが利益に大きく影響するため、スキャルピングに適した口座タイプをご選択頂くことが重要となります。

Exnessのプロ口座は、5種類の口座タイプの中で最も約定力が高く、唯一スリッページが起こりにくいInstant Execution(即時約定)方式を採用しています。更に、主要通貨ペアのスプレッドは平均水準以下と低い上に、取引手数料が無料なので低コストでの取引が可能な口座タイプとなります。高い約定力と取引コストのバランスに優れたプロ口座はスキャルピングに最適なスペックを備えた口座タイプです。

Exnessの口座タイプの変更について

Exness(エクスネス)では、口座開設後に口座タイプを変更することができません。但し、1つのパーソナルエリア内にてMT4、MT5の取引プラットフォーム毎にそれぞれ最大100口座、合計200口座まで口座開設することが可能です。Exnessにてプロフィール認証完了後に追加口座を開設して頂くことで、5種類全ての口座タイプを複数ご利用頂くことができます。

取引プラットフォームや取引銘柄、トレード手法などによって口座を使い分けたり、資金を分けてリスクを分散させることも可能です。例えば、「スタンダード口座」でトレードをしているけれど、スキャルピングにチャレンジしたいから「プロ口座」を追加したり、「プロ口座」でトレードをしているけれど、スプレッドを気にせずトレードをしたいから「ゼロ口座」を追加したりと、取引状況にあわせて適した口座を追加開設して頂けます。

追加口座は、プロフィール認証(本人確認)が完了している場合、パーソナルエリアより3~5分程度の簡単なお手続きで開設頂けます。

Exness 口座タイプに関連するご質問(FAQ)