loading

対円で上昇したポンドの上値余地を静観か

相場レポート

対円で上昇したポンドの上値余地を静観か

対円で上昇したポンドの上値余地を静観か
本日のポイント
  1. 欧・消費者物価指数
  2. スイス・鉱工業生産

前日の米国通貨は、ボストン:アトランタ連銀が「4月のインフレ減速には感謝をしているが、引き続き警戒を怠らないよう構えている」と発言し、直近ではなく年末に向けての利下げを示唆したことで、米ドルが米国時間で強含んだ。ユーロ米ドルは1.0895から1.0854まで下落。時間足20MAを下抜けた。4時間足ではボリンジャーバンド+2σから中心線に向けての回帰の値動きとなっているため、欧州時間での米ドルの上伸性に注目したい。

欧州通貨は、ポンドが対円で上昇した。ポンド円は195.038から196.912まで上昇。時間足20MAを下位から突き抜けた。4時間足では75MAがサポートラインとなり反発が入っており、日足では10MAに沿ってのトレンドが継続しているため、米国時間でポンドがさらに強含んでいくのか、慎重に見極めたい。

本日は、8:00に韓・雇用統計、10:30に中・鉱工業生産、11:00に中・小売売上高、13:00にマレーシア・経常収支、14:30に仏・雇用統計、15:30にスイス・鉱工業生産、17:00に英・マンMPC委員の発言、17:30に香港・実質GDP、18:00に欧・消費者物価指数、21:30に21:30に加・国債証券取扱高、23:00に米・景気先行指数、23:15に米・ウォラーFRB理事の発言、25:15に米・デイリー:サンフランシスコ連銀総裁の発言がある予定だ。対円で上昇したポンドの上値余地をじっくりと静観したい。

桜井 慶介

著者:桜井 慶介

FX経歴は10年以上。金融分野では、特に為替相場を中心にした運用に携わり、資産運用のアドバイザーの経験も持つ。これまでの経験を活かしたテクニカルやファンダメンタル分析を得意とする。

過去の相場レポート

  1. 2024.06.24New

    独PMI悪化で下落したユーロの下値余地を注視か

  2. 2024.06.21New

    SNB利下げで下落したスイスフランの回復性に注目か

  3. 2024.06.20New

    SNB政策金利発表にて政策変更がなされるのか注視か

  4. 2024.06.19New

    5日続伸しているフラン円が調整することなく上伸するのか注視か

  5. 2024.06.18New

    上値が重い日本円が下伸するのか要注意か

  6. 2024.06.17

    対円で下落したユーロの下値余地に警戒か

  7. 2024.06.14

    PPI悪化でも上昇したフラン円の上値余地を注視か

  8. 2024.06.13

    要人発言にて米ドルの下値が変化するのか警戒か

  9. 2024.06.12

    米FOMCにて通貨強弱性に変化が生じるのか警戒か

  10. 2024.06.11

    最弱通貨となったユーロの下値余地に注意か