loading

米CPI低下で下落した米ドルの下値余地に警戒か

相場レポート

米CPI低下で下落した米ドルの下値余地に警戒か

米CPI低下で下落した米ドルの下値余地に警戒か
本日のポイント
  1. 米・住宅着工件数
  2. ノルウェー・実質GDP

前日の米国通貨は、昨日発表された米・4月消費者物価指数(CPI)が前年比で前月の3.5%から3.4%に0.1ポイント低下し、食品とエネルギーを除く前年比コア指数も3.8%から3.6%に低下したことで、米ドルが指標発表後に下落した。米ドル円は156.551から154.697まで下落。本日のアジア時間でも下伸しており、すでに154.164まで値を下げている。

欧州通貨は、昨日発表された欧・3月鉱工業生産が前年比で前月のマイナス6.4%からマイナス1.0%に改善したことで、ユーロが対米ドルで上昇した。ユーロ米ドルは1.0813から1.0890まで上昇。時間足20MAからの反発が入った。4時間足ではボリンジャーバンド+2σに沿ってのバンドウォークが確認でき、日足では先月の直近高値を上抜け更新している。

本日は、8:50に日・第1四半期GDP、日・対外/対内証券投資、10:30に豪・雇用統計、13:30に日・鉱工業生産、15:00にノルウェー・実質GDP、16:00にフィリピン・BSP翌日物借入金利、20:30に独・ナーゲル独連銀総裁の発言、21:30に米・輸出入物価指数、米・フィラデルフィア連銀景況指数、米・住宅着工件数、米・新規失業保険申請件数、22:15に米・鉱工業生産、23:00に米・バーFRB副議長の発言、25:00に米・ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言がある予定だ。米CPI低下で下落した米ドルの下値余地に十分注意したい。

桜井 慶介

著者:桜井 慶介

FX経歴は10年以上。金融分野では、特に為替相場を中心にした運用に携わり、資産運用のアドバイザーの経験も持つ。これまでの経験を活かしたテクニカルやファンダメンタル分析を得意とする。

過去の相場レポート

  1. 2024.06.24New

    独PMI悪化で下落したユーロの下値余地を注視か

  2. 2024.06.21New

    SNB利下げで下落したスイスフランの回復性に注目か

  3. 2024.06.20New

    SNB政策金利発表にて政策変更がなされるのか注視か

  4. 2024.06.19New

    5日続伸しているフラン円が調整することなく上伸するのか注視か

  5. 2024.06.18New

    上値が重い日本円が下伸するのか要注意か

  6. 2024.06.17

    対円で下落したユーロの下値余地に警戒か

  7. 2024.06.14

    PPI悪化でも上昇したフラン円の上値余地を注視か

  8. 2024.06.13

    要人発言にて米ドルの下値が変化するのか警戒か

  9. 2024.06.12

    米FOMCにて通貨強弱性に変化が生じるのか警戒か

  10. 2024.06.11

    最弱通貨となったユーロの下値余地に注意か