loading

円高傾向が見られている中での月末の値動きを静観か

相場レポート

円高傾向が見られている中での月末の値動きを静観か

円高傾向が見られている中での月末の値動きを静観か
本日のポイント
  1. 米・S&Pケースシラー住宅価格
  2. 米・リッチモンド連銀製造業指数

前日の米国通貨は、大きな指標発表がなく要人発言も見当たらなかったにも関わらず、米ドルが引けにかけて最弱通貨となった。ユーロ米ドルは1.0925から1.0959までわずかに上昇。4時間足20MAがサポートラインとなり、反発した。日足ではRSIが70に乗せているものの上昇基調が継続しているため、欧州時間での上伸性に注目したい。

欧州通貨は、昨日欧・ラガルドECB総裁が「全体的なインフレは今後数ヶ月で再度上昇する可能性が高い」と発言。欧州経済と金利再上昇への懸念から、ユーロが対円で下落した。ユーロ円は163.717から162.546まで120pips弱下落。4時間足75MAを下抜けた。なお本日のアジア時間でも円高傾向が見られており、ユーロ円は162円を割り込むかの様相となっている。

本日は、16:00に独・GFK消費者信頼感指数、16:45に仏・消費者信頼感指数、17:00に独・ナーゲル独連銀総裁の発言、18:00に欧・マネーサプライ、21:00にブラジル・拡大消費者物価指数、23:00に米・住宅価格指数、23:00に米・S&Pケースシラー住宅価格、24:00に米・リッチモンド連銀製造業指数、米・グールズビー:シカゴ連銀総裁の発言、24:30に米・ダラスサービス売上高指数、25:00に欧・ラガルドECB総裁の発言、27:00に米・7年債入札がある予定だ。円高傾向が見られている中での、月末の値動きを慎重に静観したい。

桜井 慶介

著者:桜井 慶介

FX経歴は10年以上。金融分野では、特に為替相場を中心にした運用に携わり、資産運用のアドバイザーの経験も持つ。これまでの経験を活かしたテクニカルやファンダメンタル分析を得意とする。

過去の相場レポート

  1. 2024.02.22New

    上昇勢力が衰えないユーロの動向を注視か

  2. 2024.02.21New

    加・CPIが大幅低下し下落した加ドルの方向性に注意か

  3. 2024.02.20New

    休場の米ドルに対し下落したユーロの軟弱性に要警戒か

  4. 2024.02.19New

    反発上昇している米ドルフランの上値余地を注視か

  5. 2024.02.16New

    ユーロ円の上昇余地に注目か

  6. 2024.02.15

    全般的に円高回帰しているクロス円の動向を注視か

  7. 2024.02.14

    米コアCPIステイで上昇した米ドルの行く末を注視か

  8. 2024.02.13

    全般的に上昇しているクロス円の上値余地に要注目か

  9. 2024.02.12

    上昇しているユーロ米ドルの値動きを注視か

  10. 2024.02.09

    インフレリスク発言で上向いたポンドの方向性に警戒か