loading

今週のECBを控えユーロが上昇していくのか注目か

相場レポート

今週のECBを控えユーロが上昇していくのか注目か

今週のECBを控えユーロが上昇していくのか注目か
本日のポイント
  1. 米・ダラス連銀製造業活動指数
  2. 独・第4四半期GDP

先週末の米国通貨は、BOC政策金利発表を終えた加ドルが最強通貨となった。米ドル/加ドルは、1.3346から1.3298まで下落。時間足20MAに沿ってのダウントレンドとなった。米ドル/加ドルは今月に入り下落基調が継続しており、安値更新を継続している。直下の1.3233付近に200MAのサポートラインが存在するものの、日足RSIは30到達前の下落基調となっているため、下値余地に警戒したい。

欧州通貨は、ユーロが米国時間で最弱通貨となり、ユーロ円は141.805から140.794まで約100pips下落した。4時間足では、すでに200SMAを実体足で上抜けたが、上値の切り下げが見られ、価格低下となった。ただ、上位足の日足では200SMAが下値支持線として機能しているため、週始めのユーロが強含むのか注視したいところだ。

本日は、欧州時間の16:00に独・第4四半期GDP、スウェーデン・第4四半期GDP、ノルウェー・信用指標、トルコ・経済信頼感指数、17:00にスイス・KOF先行指数、19:00に欧・景況感指数、21:00にブラジル・IGP-M総合物価指数と、米国時間の24:30に米・ダラス連銀製造業活動指数、25:30に米・6ヶ月ビル入札がある予定だ。今週のECBを控え、ユーロが上昇していくのか、価格動向を慎重に見守りたい。

桜井 慶介

著者:桜井 慶介

FX経歴は10年以上。金融分野では、特に為替相場を中心にした運用に携わり、資産運用のアドバイザーの経験も持つ。これまでの経験を活かしたテクニカルやファンダメンタル分析を得意とする。

過去の相場レポート

  1. 2024.04.23New

    反発上昇が見られるのかポンド米ドルの回復性を注視か

  2. 2024.04.22New

    底堅い米ドル円の上値余地に注目か

  3. 2024.04.19New

    下落したユーロ米ドルが下伸するのか方向性に注意か

  4. 2024.04.18New

    下落したポンドが回復するのか注視か

  5. 2024.04.17New

    加・CPI上昇にて下値が堅い加ドル円の方向性を注視か

  6. 2024.04.16

    要人発言による米ドルの乱高下に要警戒か

  7. 2024.04.15

    ECB明けに弱含んだユーロの回復余地を注視か

  8. 2024.04.12

    ECB政策金利据え置きで下落したユーロの下値余地に注意か

  9. 2024.04.11

    ECB政策金利を前に弱含んでいるユーロの回復力が見られるか

  10. 2024.04.10

    底堅いポンド円の上値余地に注目か