loading

原油下落中のオセアニア通貨の上昇に要警戒か

相場レポート

原油下落中のオセアニア通貨の上昇に要警戒か

原油下落中のオセアニア通貨の上昇に要警戒か
本日のポイント
  1. 米・シカゴ連銀全米活動指数
  2. 注目度の高い指標発表は予定されていない

先週末の米国通貨は、ドルインデックスの高水準での推移があり、強い状態が継続した。ユーロ米ドルは1.0094から1.0033まで約60pips下落。本日のアジア時間では安値を更新し、1.0023まで下落した。このまま下落が継続し0.9952の今年安値を更新するのか、欧州時間にかけての値動きを慎重に観察したい。

欧州通貨は、ポンドの弱さが目立っており、ポンド豪ドルは1.7289から1.7143まで約140pips下落した。原油の下落と対称的に、オセアニア通貨が強含んでいることもあり、下落に拍車がかかった。なお本日のアジア時間でも下伸しており、現在のポンド豪ドルは1.7150付近となっている。下伸した場合、まずは4時間足直近安値の1.7115をターゲットに設定したい。

本日の指標は、21:30に米・シカゴ連銀全米活動指数が予定されている以外、重要な指標発表や要人発言は予定されていない。今週は主要国の政策金利発表は控えておらず、週末に米国でのジャクソンホール会議を控えているくらいだ。パウエルFRB議長の講演日は26日(金)の23:00となっているが、金曜日の講演でQTについてどのようなスタンスが披露されるのか、見守っていきたい。

桜井 慶介

著者:桜井 慶介

FX経歴は10年以上。金融分野では、特に為替相場を中心にした運用に携わり、資産運用のアドバイザーの経験も持つ。これまでの経験を活かしたテクニカルやファンダメンタル分析を得意とする。

過去の相場レポート

  1. 2022.11.29New

    欧州通貨の方向性を慎重に注視か

  2. 2022.11.28New

    米ドル買い・円買いで始まった週明けの通貨強弱を注視か

  3. 2022.11.25New

    週末最終日の通貨強弱が変化するのか注視か

  4. 2022.11.24New

    FOMC議事録明けで上値が重い米ドルが回復するのか注視か

  5. 2022.11.23New

    FOMC議事録公表により価格変化が見られるのか米ドルの方向性を注視か

  6. 2022.11.22

    ポンドに対し弱含んでいるユーロの方向性に警戒か

  7. 2022.11.21

    上昇していたポンドが調整下落に入るのか注視か

  8. 2022.11.18

    セントルイス連銀総裁のタカ派発言で米ドルが上向くのか警戒か

  9. 2022.11.17

    失速している米ドルが要人発言で巻き返すのか注目か

  10. 2022.11.16

    ポーランド着弾で下落したユーロの下値余地に警戒か