loading

月末最終日のリバランスに注意か

相場レポート

月末最終日のリバランスに注意か

月末最終日のリバランスに注意か
本日のポイント
  1. 加・GDP
  2. 仏・消費者物価指数(速報値)

昨日は、米国市場で主要株価指数3銘柄がそろって上昇となり、S&P500は前日比プラス0.42%の4,419ポイントで終了。ラッセル2000も15ポイント高の2,240で着地した。続落が懸念された中国市場もしっかりと反発し、上海総合指数は前日比プラス1.49%の3,411となった。

為替市場は、クロス円が下落しており、ポンド円は153.4から152.6まで反落。しかし4時間足の20MAがサポートなり反発し、現在は方向感を探る値動きとなっている。ユーロ円も同様に本日のアジア時間で下落から回復し、現在は130.1付近での推移だ。

本日の指標は、15:45に仏・消費者物価指数(速報値)、16:00にスイス・KOF先行指数とトルコ・貿易収支、17:00に独・第2四半期GDP、18:00に欧・第2四半期GDPと欧・消費者物価指数、21:30に加・GDP、加・鉱工業生産、米・個人所得、PCEコア・デフレーター、22:00に米・ブラード:セントルイス連銀総裁の発言、22:45に米・シカゴ購買部協会景気指数、23:00に米・ミシガン大消費者信頼感指数が予定されている。本日の指標発表により欧州通貨と米ドルのバランスに変化が生じるのか、慎重に注視したい。

桜井 慶介

著者:桜井 慶介

FX経歴は10年以上。金融分野では、特に為替相場を中心にした運用に携わり、資産運用のアドバイザーの経験も持つ。これまでの経験を活かしたテクニカルやファンダメンタル分析を得意とする。

過去の相場レポート

  1. 2021.09.24New

    株高・資源国通貨高の流れは週末も引き継がれるか

  2. 2021.09.23New

    FOMC明けの米ドルの値動きに警戒か

  3. 2021.09.22New

    FOMC後の大きな値動きに要注意か

  4. 2021.09.21New

    世界的株安からの脱却となるか

  5. 2021.09.20New

    原油価格下落でオセアニア通貨下伸か

  6. 2021.09.17

    来週のFOMCに向け、米ドルの躍進は続くのか

  7. 2021.09.16

    欧米通貨の拮抗状態は開放となるか

  8. 2021.09.15

    オセアニア通貨の下値余地に警戒か

  9. 2021.09.14

    スイスフランの下落に警戒か

  10. 2021.09.13

    リスクオフムード下のオセアニア通貨の弱さに警戒か