loading

欧米通貨の拮抗状態は開放となるか

相場レポート

欧米通貨の拮抗状態は開放となるか

欧米通貨の拮抗状態は開放となるか
本日のポイント
  1. 加・卸売売上高
  2. 米・フィラデルフィア連銀景況指数

昨日は、米国市場で主要株価指数3銘柄がそろって上昇し、株高・金利高・原油高のリスクオンムードとなった。特にエネルギー関連株の上昇が目立ち、原油価格の上昇に伴い、連れ高となった。銀行株も上昇傾向が見られた。なお、原油WTIは72.5ドルまで回復している。ゴールドは再び下落し、1,791ドル台での推移だ。

為替市場は、ユーロと米ドルが拮抗しており、ユーロ米ドルは上下1.179−1.183での小幅推移となっており、大きな方向感なく上下動を繰り返している。時間足では上値を切り下げているものの、下値も若干切り上げているため、テクニカルでペナント形成となるのか、注意したい局面だ。

本日の指標は、18:00に欧・貿易収支、20:30にトルコ・住宅価格指数、21:15に加・住宅着工件数、21:30に加・卸売売上高、米・新規失業保険申請件数、米・小売売上高、米・フィラデルフィア連銀景況指数、23:00に米・企業在庫、23:30に米・週間天然ガス貯蔵量、29:00に米・対米証券投資が予定されている。米ドルと欧州通貨の強弱性に注意しつつ、しっかりと価格動向を静観したい。

過去の相場レポート

  1. 2021.10.26New

    米ドルと欧州通貨のバランスに注目か

  2. 2021.10.25New

    米・シカゴ連銀全米活動指数に注目か

  3. 2021.10.22New

    円安一服の動きは継続なるか

  4. 2021.10.21New

    円独歩安は一段落となるか

  5. 2021.10.20New

    米国時間の要人発言と金利動向に警戒か

  6. 2021.10.19

    ポンドの反発は継続となるか

  7. 2021.10.18

    ユーロ米ドルの反落に注目か

  8. 2021.10.15

    米ドルの高値更新は週末も継続なるか

  9. 2021.10.14

    円売りスイスフラン買いの動向に注目か

  10. 2021.10.13

    米主要企業の決算発表に警戒か