loading

クロス円の下落は反転なるか

相場レポート

クロス円の下落は反転なるか

クロス円の下落は反転なるか
本日のポイント
  1. 加・住宅着工件数
  2. 米・ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言

昨日は、米国市場で主要株価指数3銘柄がまちまちの値動きとなり、株安・金利安・原油安の相場展開となった。特に原油WTIは一時2%近く下げたが、対立していたサウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)が合意したとの報道から、価格が落ち着いた形となった。米国では、昨日発表された米・新規失業保険申請件数が、前週から2.6万人ほど減少し、36.0万人となり、新型コロナ感染拡大以降で最低となった。

為替市場は、ポンド円が時間足でダブルボトムを作り本日のアジア時間で反発している。テクニカル面では、ポンド円は先週末の上昇分から半値までの下落で止まっており、下落が継続するのか、慎重に判断したいところだ。現在のポンド円の価格は152.2付近となっている。

本日は、15:30に黒田日銀総裁の記者会見と、欧州時間の18:00に欧・消費者物価指数と欧・貿易収支、20:30にトルコ・住宅価格指数、米国時間の21:15に加・住宅着工件数、21:30に加・卸売売上高と米・小売売上高、22:00に米・ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言、29:00に米・対米証券投資が予定されている。軟調だったクロス円が回復するのか、慎重に注視したい。

桜井 慶介

著者:桜井 慶介

FX経歴は10年以上。金融分野では、特に為替相場を中心にした運用に携わり、資産運用のアドバイザーの経験も持つ。これまでの経験を活かしたテクニカルやファンダメンタル分析を得意とする。

過去の相場レポート

  1. 2021.10.26New

    米ドルと欧州通貨のバランスに注目か

  2. 2021.10.25New

    米・シカゴ連銀全米活動指数に注目か

  3. 2021.10.22New

    円安一服の動きは継続なるか

  4. 2021.10.21New

    円独歩安は一段落となるか

  5. 2021.10.20New

    米国時間の要人発言と金利動向に警戒か

  6. 2021.10.19

    ポンドの反発は継続となるか

  7. 2021.10.18

    ユーロ米ドルの反落に注目か

  8. 2021.10.15

    米ドルの高値更新は週末も継続なるか

  9. 2021.10.14

    円売りスイスフラン買いの動向に注目か

  10. 2021.10.13

    米主要企業の決算発表に警戒か