loading

要人発言にて米ドルが強含むのか警戒か

相場レポート

要人発言にて米ドルが強含むのか警戒か

要人発言にて米ドルが強含むのか警戒か
本日のポイント
  1. 米・製造業受注指数
  2. 米・メスター:クリーブランド連銀総裁の発言

前日の米国通貨は、昨日発表された米・3月ISM製造業景気指数が前月の47.8からベンチマークの50を回復し50.3となったことで、米ドルが米国時間で上昇した。強含んでいた日本円に対しても米ドルは上昇。米ドル円は151.206から151.785まで上昇した。昨日の上昇により米ドル円は今年高値水準の152円目前となっている。このまま勢いを保ちつつ米ドルが上昇するのか注視したい。

欧州通貨は、ユーロが対米ドルで大きく下落した。ユーロ米ドルは1.0798から1.0731まで下落。時間足RSIが売られすぎサインの30を下回り18までの低下となった。4時間足でもユーロ米ドルはRSIが30を下回っており25となっている。日足ではボリンジャーバンド⁻2σまでの下落が見られるため、直近安値の1.0694ラインでサポートされるのか警戒したい。

本日は、9:30に豪・RBA議事要旨公表、15:00に英・ネーションワイド住宅価格、15:30にスイス・小売売上高、16:30にスイス・製造業PMI、17:30に英・製造業PMI、英・マネーサプライ、18:00に南ア・製造業PMI、21:00に独・消費者物価指数、23:00に米・JOLTS求人、米・製造業受注指数、23:10に米・ボウマンFRB理事の発言、25:00に米・ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言、25:05に米・メスター:クリーブランド連銀総裁の発言がある予定だ。要人発言にて米ドルが強含むのか、価格動向を慎重に注視したい。

過去の相場レポート

  1. 2024.04.23New

    反発上昇が見られるのかポンド米ドルの回復性を注視か

  2. 2024.04.22New

    底堅い米ドル円の上値余地に注目か

  3. 2024.04.19New

    下落したユーロ米ドルが下伸するのか方向性に注意か

  4. 2024.04.18New

    下落したポンドが回復するのか注視か

  5. 2024.04.17New

    加・CPI上昇にて下値が堅い加ドル円の方向性を注視か

  6. 2024.04.16

    要人発言による米ドルの乱高下に要警戒か

  7. 2024.04.15

    ECB明けに弱含んだユーロの回復余地を注視か

  8. 2024.04.12

    ECB政策金利据え置きで下落したユーロの下値余地に注意か

  9. 2024.04.11

    ECB政策金利を前に弱含んでいるユーロの回復力が見られるか

  10. 2024.04.10

    底堅いポンド円の上値余地に注目か