loading

ポンドに対し弱含んでいるユーロの方向性に警戒か

相場レポート

ポンドに対し弱含んでいるユーロの方向性に警戒か

ポンドに対し弱含んでいるユーロの方向性に警戒か
本日のポイント
  1. 米・メスター:クリーブランド連銀総裁の発言
  2. トルコ・消費者信頼感指数

前日の米国通貨は、米10年債利回りが3.82%まで上昇したことから米ドルが強含み、最強通貨となった。ユーロ米ドルは1.0333から1.0222まで約110pips下落。時間足での200SMAを下抜けた。ユーロ米ドルは日足ベースで200SMAがレジスタンスとなり反落基調に入っているため、明日の米・FOMC議事録公表により流れが変わるのか注視したいところだ。

欧州通貨は、昨日発表された独・10月生産者物価指数(PPI)が、市場予想の0.7%からマイナス4.2%と大幅に落ち込んだことから、同じ欧州通貨の対ポンドで下落した。ユーロポンドは0.8697から0.8658まで小幅に下落。今日のアジア時間でも下値を試す値動きとなっている。日足ベースで上値を大きく切り下げているため、長期的なユーロの下落に警戒したい。

本日の指標は、16:00にトルコ・消費者信頼感指数、豪・ロウRBA総裁の発言、22:30に加・小売売上高、24:00に米・リッチモンド連銀製造業指数、25:00に米・メスター:クリーブランド連銀総裁の発言、26:00に加・ロジャースBOC上級副総裁の発言、27:00に独・ナーゲル独連銀総裁の発言、米・7年債入札、28:15に米・ジョージ:カンザスシティ連銀総裁の発言、28:45に米・ブラード:セントルイス連銀総裁の発言がある予定だ。ポンドに対し弱含んでいるユーロの方向性に警戒したい。

桜井 慶介

著者:桜井 慶介

FX経歴は10年以上。金融分野では、特に為替相場を中心にした運用に携わり、資産運用のアドバイザーの経験も持つ。これまでの経験を活かしたテクニカルやファンダメンタル分析を得意とする。

過去の相場レポート

  1. 2023.02.03New

    米雇用統計発表による米ドルの急激な変化に要注意か

  2. 2023.02.02New

    ECB・BOEの政策金利発表による価格変動に警戒か

  3. 2023.02.01New

    米・政策金利発表での通貨強弱の乱高下に十分警戒か

  4. 2023.01.31New

    米・S&P/ケースシラー住宅価格指数の結果に注意か

  5. 2023.01.30New

    今週のECBを控えユーロが上昇していくのか注目か

  6. 2023.01.27

    上値が重い米ドルが上昇を試みるのか注視か

  7. 2023.01.26

    対円で下落しているポンドが回復するのか注目か

  8. 2023.01.25

    ユーロが対ポンドで上昇するのか方向性に注目か

  9. 2023.01.24

    米国時間での相次ぐ指標発表に要注意か

  10. 2023.01.23

    強含んでいるオセアニア通貨の上値余地を注視か