loading

強含んでいるオセアニア通貨の上値余地を注視か

相場レポート

強含んでいるオセアニア通貨の上値余地を注視か

強含んでいるオセアニア通貨の上値余地を注視か
本日のポイント
  1. 米・景気先行指数
  2. 欧・ラガルドECB総裁の発言

先週末の米国通貨は、対円で強含んだもののオセアニア通貨に押される形となり、豪ドル米ドルが0.6906から0.6994まで約80pips上昇した。豪ドル米ドルは、昨年10月13日から継続する上昇トレンドがダウ理論により進行しており、直近では日足ベースで20MAに下値をサポートされる形で上伸している。このまま豪ドルが対米ドルで強含むのか、直近の値動きを観察しつつ、慎重に判断したい。

欧州通貨は、スイスフランが通貨強弱の中で最弱となり、フラン円が140.061から141.552の間で往って来い相場となった。フラン円は4時間足で1月16日からの反発が継続しているが、直近高値の142.444を実体足で上抜けるまでは、下落トレンドの流れが踏襲される可能性を念頭に置いておきたいところだ。

本日は、欧州時間の16:00にトルコ・消費者信頼感指数、18:00にフィリピン・鉱工業生産、フィリピン・小売売上高、フィリピン・消費者物価指数と、米国時間の22:30に加・新築住宅価格指数、24:00に欧・消費者信頼感指数、米・景気先行指数、25:30に米・6ヶ月ビル入札、26:45に欧・ラガルドECB総裁の発言がある予定だ。強含んでいるオセアニア通貨の上値余地を、慎重に見守りたい。

桜井 慶介

著者:桜井 慶介

FX経歴は10年以上。金融分野では、特に為替相場を中心にした運用に携わり、資産運用のアドバイザーの経験も持つ。これまでの経験を活かしたテクニカルやファンダメンタル分析を得意とする。

過去の相場レポート

  1. 2024.04.23New

    反発上昇が見られるのかポンド米ドルの回復性を注視か

  2. 2024.04.22New

    底堅い米ドル円の上値余地に注目か

  3. 2024.04.19New

    下落したユーロ米ドルが下伸するのか方向性に注意か

  4. 2024.04.18New

    下落したポンドが回復するのか注視か

  5. 2024.04.17New

    加・CPI上昇にて下値が堅い加ドル円の方向性を注視か

  6. 2024.04.16

    要人発言による米ドルの乱高下に要警戒か

  7. 2024.04.15

    ECB明けに弱含んだユーロの回復余地を注視か

  8. 2024.04.12

    ECB政策金利据え置きで下落したユーロの下値余地に注意か

  9. 2024.04.11

    ECB政策金利を前に弱含んでいるユーロの回復力が見られるか

  10. 2024.04.10

    底堅いポンド円の上値余地に注目か