loading

Exness スキャルピングトレード

取引

Exness スキャルピングトレード

Exness(エクスネス)ではスキャルピングトレードを最良の取引環境でお楽しみ頂けます。数秒から数分程度の短い時間で売買を繰り返し、小さな利益を積み上げていくスキャルピング手法でパフォーマンスを発揮するためには、スキャルピングに適した取引条件下でトレードすることが必須です。Exnessでは異なる特徴をもつ5つの口座タイプをご用意しており、お客様のトレードスタイルに合った口座でスキャルピングを行って頂けます。中でも低スプレッドを特徴とするプロフェッショナルタイプのロースプレッド口座、ゼロ口座、プロ口座は、「最低0pips~の低スプレッド×最大2,000倍(または無制限)のハイレバレッジ×トレード手法に制限なし」とスキャルピングトレードに有利な取引条件を実現しています。


Exnessはスキャルピングトレードを容認

Exness(エクスネス)ではスキャルピングトレードを容認していますので、安心してスキャルピングトレードをお楽しみ頂けます。他社口座では、スキャルピング禁止やポジションの最低保有時間等、細かなルールを定めているケースが多くみられますが、Exnessではスキャルピングトレードに制限を設けていません。裁量もEA(自動売買)も、お客様のトレードスタイルに合わせたスキャルピングトレードが可能です。

Exnessはスキャルピングに有利な取引条件を提供

Exness(エクスネス)では、スキャルピングトレードに有利な取引条件を提供しています。スキャルピングトレードとは、数秒から数分程度の短時間で取引を完結させ、小さな利益を積み上げていくトレード手法の一つです。1回のトレードで得られる利益は小さいものの、ポジションを保有する時間が短いため損失も低く抑えることが可能です。

超短期取引ともいわれるスキャルピングトレードで最大限のパフォーマンスを発揮するには、スキャルピングに適した取引環境が重要です。Exnessでは、スプレッドや取引手数料といった取引コストを最小限に抑えながら、最大2,000倍(条件を満たして頂くと実質21億倍の無制限)の高いレバレッジを提供しておりますので、資金効率の高いスキャルピングトレードを行って頂けます。

Exnessのスキャルピングに有利な取引条件
安定した低水準のスプレッドを提供
無制限レバレッジで大きな利益を狙える
ロスカットレベル0%で効率の高いトレードが可能
スリッページが発生しにくい注文執行方式を採用
EA(自動売買)によるスキャルピングも可能

安定した低水準のスプレッドを提供

Exness(エクスネス)では5つの口座タイプをご用意しており、全ての口座タイプで業界水準を下回る低スプレッドを安定して提供しています。中でもプロフェッショナルタイプのロースプレッド/ゼロ/プロ口座は、最低0pips〜の低スプレッドを実現しており、スキャルピングトレーダーに人気の高い口座タイプです。

数pipsの小さな利益を狙うスキャルピングトレードにおいて、ポジションを建てた時点で含み損となるスプレッドは低ければ低いほど有利です。そのため、スキャルピング手法でトレードする場合は、スプレッドを考慮して取引口座を選ぶ必要がございます。Exnessでは、全ての口座タイプで制限なくスキャルピングトレードをお楽しみ頂くことが可能ですが、スキャルピングトレードで効率良く利益を積み上げるには、低スプレッドに特化したロースプレッド/ゼロ/プロ口座がおすすめです。

Exness メジャー通貨ペアの平均スプレッド
  スタンダード口座
スタンダードセント口座
ロースプレッド口座 ゼロ口座 プロ口座
EUR/USD
(ユーロ/米ドル)
1.0pips 0.0pips 0.0pips 0.6pips
GBP/USD
(ポンド/米ドル)
1.2pips 0.1pips 0.0pips 0.7pips
USD/JPY
(米ドル/日本円)
1.1pips 0.0pips 0.0pips 0.7pips
EUR/USD
スタンダード口座
スタンダードセント口座
1.0pips
ロースプレッド口座 0.0pips
ゼロ口座 0.0pips
プロ口座 0.6pips
GBP/USD
スタンダード口座
スタンダードセント口座
1.2pips
ロースプレッド口座 0.1pips
ゼロ口座 0.0pips
プロ口座 0.7pips
USD/JPY
スタンダード口座
スタンダードセント口座
1.1pips
ロースプレッド口座 0.0pips
ゼロ口座 0.0pips
プロ口座 0.7pips

無制限レバレッジで大きな利益を狙える

Exness(エクスネス)では、全ての口座タイプで業界最高水準となる最大2,000倍の高いレバレッジを提供しています。さらに、一定の条件を満たして頂くと無制限レバレッジ(実質21億倍)の選択が可能となり、より少額でダイナミックなトレードを行って頂けます。レバレッジは、高ければ高いほど少ない証拠金で大きな取引を可能とします。レバレッジのかけ過ぎは、証拠金を失うスピードを加速させてしまうため注意が必要ですが、超短期間取引となるスキャルピングトレードなら、証拠金をリスクに晒す時間が少ないため、ハイレバレッジトレードでも精神的な負担を軽減し、お取引に集中して頂けます。

note

  • 無制限レバレッジは、少額トレードを可能とする反面、証拠金を失うリスクも高まるため、トレード経験を積んだ中上級者向けのサービスとなります。

ロスカットレベル0%で効率の高いトレードが可能

Exness(エクスネス)は、証拠金維持率が0%になるまでロスカット(ストップアウト)は発動いたしません。ロスカットとは、損失の拡大を防ぐために証拠金維持率が一定の水準に達した時点で保有しているポジションを強制的に決済するシステムです。ロスカットレベルが高ければ損失を小さく抑えることができる反面、一時的な相場変動でロスカットが発動してしまい利益獲得のチャンスを減らしてしまいます。

特に、ハイレバレッジのスキャルピングトレードで大きな利益を狙う場合には、ロスカットがトレード戦略の妨げになってしまいます。しかし、Exnessでは証拠金維持率が0%に達するまでお取引を続けられるため、効率の高いスキャルピングトレードが可能です。

ロスカットレベル0% ロスカットレベル0%

尚、Exnessでは相場の急変によりロスカットが間に合わず口座残高がマイナスになった場合には、Exnessが口座残高をゼロにリセットするゼロカットシステムを採用しています。追証(追加証拠金)のリスクがないため、高いレバレッジを利用したスキャルピングトレードを安心して行って頂けます。

注文執行方式はNDD方式を採用

Exness(エクスネス)では全ての口座タイプでスキャルピングに最適なNDD方式を採用しています。NDD方式とは、ディーラーを仲介せず直接インターバンク市場に注文を流す透明性と公平性が高い注文執行方式です。ディーラーを仲介するDD方式とは異なり、NDD方式は約定スピードが速いため、スキャルピングトレードでパフォーマンスを最大限に発揮することができます。また、NDD方式は「Market Execution(成行約定)」と「Instant Execution(即時約定)」の2種類に分かれており、スキャルピングトレードではスリッページが起こりにくい「Instant Execution」がより最適です。

Exness 注文執行方式の特徴
口座タイプ 注文執行方式 特徴
スタンダード/セント口座 Market Execution
(成行約定)
リクオートが発生しない
スリッページが発生する
ロースプレッド口座
ゼロ口座
プロ口座 Instant Execution
(即時約定)(*1)
リクオートが発生する
スリッページが発生しない
スタンダード
スタンダードセント
ロースプレッド
ゼロ
注文執行方式
Market Execution
(成行約定)
特徴
リクオートが発生しない
スリッページが発生する
プロ 注文執行方式
Instant Execution
(成行約定)(*1)
特徴
リクオートが発生する
スリッページが発生しない
  1. 仮想通貨CFDのみ「Market Execution(成行約定)」を採用しています。

Exnessではプロ口座でのみInstant Executionを採用しております。僅かなpipsを狙ったスキャルピングトレードにおいて、スリッページは回避すべき事象です。そのため、注文執行方式だけにフォーカスするとスキャルピングに最適な口座は「プロ口座」のみとなります。しかし、Exnessでは5種類の口座タイプにおいてスプレッドや取引手数料などその他の取引条件が異なるため、総合的に判断してお客様に最適なスキャルピングトレード口座をお選びください。

ポイント

スリッページとリクオート

スリッページとは、トレーダーの注文から約定までのわずかな間にレートが変動し、注文とは異なるレートで約定することを指します。リクオートとは、タイムラグが発生し為替レートが変動した場合に約定されず、新たな価格を提示することを指します。数pipsの利益を狙うスキャルピングトレードでは、僅かなレートのズレによって利益が少なくなったり、損失になったりする可能性があるためスリッページの発生しないInstant Executionが最適です。しかし、スリッページの方向によっては利益が大きくなるケースもございます。

EA(自動売買)によるスキャルピングも可能

Exness(エクスネス)では、裁量だけでなくEA(自動売買)によるスキャルピングトレードも可能です。EAとは組み込まれたロジックに基づき自動でトレードを行ってくれるシステムです。24時間365日、EAがチャートを監視し続けているため、チャートをウォッチする時間がない方や、トレード戦略が確立していない初心者でもスキャルピングトレードを行うことができます。多くのブローカーがEAによるスキャルピングトレードを禁止、あるいは細かなルールを設けていますが、Exnessでは取引手法に制限なくEAをご利用頂けるため利益獲得のチャンスを逃すことなくスキャルピングトレードをお楽しみ頂くことが可能です。

Exnessのスキャルピングにおすすめの口座タイプ

Exness(エクスネス)で快適なスキャルピングトレードを行うには、トレードスタイルに合った口座タイプをお選び頂くことがポイントです。

少額でスキャルピングトレードを試してみたい

少ないご資金でスキャルピングトレードを試してみたい方には、Exness(エクスネス)のスタンダード口座またはスタンダードセント口座がおすすめです。低スプレッドを特徴とするプロフェッショナルタイプの口座タイプで初回最低1,000USD(相当)のご入金が必要であるのに対し、スタンダード/セント口座は、初回10USD(相当)からの少額でトレードを開始頂けます。

プロフェッショナルタイプの3つの口座と比較するとスプレッドが高く感じられますが、業界水準を下回るスプレッドで、最大2,000倍または無制限レバレッジでダイナミックなスキャルピングトレードを体験することが可能です。

最も低いスプレッドでスキャルピングトレードをしたい

最も低いスプレッドでスキャルピングトレードをしたい方には、Exness(エクスネス)のロースプレッド口座またはゼロ口座がおすすめです。両口座は、Exnessの5つの口座タイプの中で最も低いスプレッドを提供しており、USD/JPY(米ドル/日本円)やEUR/USD(ユーロ/米ドル)といった主要通貨ペアはどちらの口座タイプでも平均スプレッド"ゼロ"を実現しています。その他の銘柄ではロースプレッド口座よりゼロ口座の方がより低いスプレッドでお取引頂くことが可能です。

但し、ロースプレッド/ゼロ口座は異なる体系の外付けの取引手数料が発生するため、ゼロ口座の方がスプレッドが低くても、取引手数料を加味した実質スプレッドで比較するとロースプレッド口座の方が低くなる場合がございますのでご留意ください。

最小取引コストでスキャルピングトレードをしたい

スプレッドと外付けの取引手数料を合算した取引コストを最も低く抑えてスキャルピングトレードをしたい方は、プロフェッショナルタイプのロースプレッド/ゼロ/プロ口座のいずれかの口座がおすすめです。プロフェッショナルタイプの3つの口座では、業界平均を下回る低いスプレッドと取引手数料を提供しています。3つの口座タイプは、固定手数料・変動手数料・手数料無料と異なる手数料体系をもち、銘柄によって最小取引コストでお取引頂ける口座が異なります。

Exness 主要通貨ペアの取引コスト比較
銘柄 口座タイプ 平均スプレッド+取引手数料 取引コスト
EUR/USD
(ユーロ/米ドル)
ロースプレッド口座 0.0pips + 7USD 896円
ゼロ口座 0.0pips + 7USD 896円
プロ口座 0.6pips + 無し 768円
GBP/USD
(ポンド/米ドル)
ロースプレッド口座 0.1pips + 7USD 1,024円
ゼロ口座 0.0pips + 9USD 1,152円
プロ口座 0.7pips + 無し 896円
USD/JPY
(米ドル/日本円)
ロースプレッド口座 0.0pips + 7USD 896円
ゼロ口座 0.0pips + 7USD 896円
プロ口座 0.7pips + 無し 700円
EUR/USD
ロースプレッド口座
平均スプレッド

取引手数料
0.0pips + 7USD
取引コスト 896円
ゼロ口座
平均スプレッド

取引手数料
0.0pips + 7USD
取引コスト 896円
プロ口座
平均スプレッド

取引手数料
0.6pips + 無し
取引コスト 768円
GBP/USD
ロースプレッド口座
平均スプレッド

取引手数料
0.1pips + 7USD
取引コスト 1,024円
ゼロ口座
平均スプレッド

取引手数料
0.0pips + 9USD
取引コスト 1,152円
プロ口座
平均スプレッド

取引手数料
0.7pips + 無し
取引コスト 896円
USD/JPY
ロースプレッド口座
平均スプレッド+取引手数料 0.0pips + 7USD
取引コスト 896円
ゼロ口座
平均スプレッド

取引手数料
0.0pips + 7USD
取引コスト 896円
プロ口座
平均スプレッド

取引手数料
0.7pips + 無し
取引コスト 700円

※取引コストは日々の為替レートにより変動します。

取引コストを低く抑えたい場合は、取引したい銘柄のスプレッドと取引手数料を加味した「取引コスト」を比較して頂く必要がございます。

Exnessのスキャルピングに最適な取引時間と銘柄

スキャルピングで効率的に利益を積み上げるには、安定した低スプレッドかつ値動きが活発な時間帯と取引銘柄でトレードすることがポイントです。Exness(エクスネス)では月〜金曜日のほぼ24時間(仮想通貨CFDは24時間365日)、全267種類の銘柄でお取引頂けますが、中でも特にスキャルピングに最適な時間帯や取引銘柄がございます。スキャルピングに最適な時間帯と銘柄をご確認の上、利益獲得のチャンスが多いトレード環境でお取引をお楽しみください。

スキャルピングに最適な取引時間

早くて数秒、長くても10分程度の短い時間で注文から決済までを行うスキャルピングトレードでは、安定した低スプレッド環境とスプレッド幅を超える位の大きな値動きが必要です。スプレッドが広がりにくくボラティリティ(価格変動率)の高い時間帯は以下の通りです。

値動きが活発な時間帯(日本時間)
取引時間 特徴
8:30~11:00 東京市場のオープン前から仲値が決定するまでの時間帯、日本円が絡む通貨ペアで値動きが活発になります
15:00~19:00

ロンドン市場オープン前から少しずつ値動きが活発になります。17:00~ロンドン市場オープン後、より取引量が増え、欧州の重要経済指標発表や要人発言等があれば一段とボラティリティが高くなります。

21:00~26:00 NY市場オープン前から値動きが活発になります。米国の重要経済指標発表や要人発言等が集中する時間帯となり、トレンドが発生しやすくなります。ロンドンとNYの市場参加者が重なる26:00までは特にボラティリティが高くなります。
8:30~11:00

東京市場のオープン前から仲値が決定するまでの時間帯、日本円が絡む通貨ペアで値動きが活発になります。

15:00~19:00

ロンドン市場オープン前から少しずつ値動きが活発になります。17:00~ロンドン市場オープン後、より取引量が増え、欧州の重要経済指標発表や要人発言等があれば一段とボラティリティが高くなります。

21:00~26:00

NY市場オープン前から値動きが活発になります。米国の重要経済指標発表や要人発言等が集中する時間帯となり、トレンドが発生しやすくなります。ロンドンとNYの市場参加者が重なる26:00までは特にボラティリティが高くなります。

スキャルピングに最適な取引銘柄

スキャルピングトレードで効率よく利益を積み上げるには、低スプレッドかつ値動きが活発な銘柄でお取引頂くことがポイントです。スプレッドが広いまたは値動きが小さいと含み損を解消するまでに時間がかかるため短時間で利益を狙うことが難しくなります。ExnessではFX通貨ペアを始め、貴金属・エネルギー・株式・株価指数・仮想通貨をCFDでお取引頂けますが、中でもスキャルピングトレードに最適な取引銘柄は以下の通りです。

スキャルピングに最適な取引銘柄
取引銘柄 特徴
USD/JPY
(米ドル/日本円)
取引量が多く、東京時間・欧州時間・NY時間のどの時間帯でもスキャルピングしやすい通貨ペアです。
EUR/USD
(ユーロ/米ドル)
日本時間の16:00~26:00で特にスキャルピングしやすい通貨ペアです。取引量が多く、欧州市場で最も活発に取引されます。
GBP/USD
(ポンド/米ドル)
ロンドン市場からNY市場の前半で活発に取引され、値動きのスピードが速く、急な相場転換が起こりやすいのが特徴です。
EUR/JPY
(ユーロ/日本円)
欧州時間に最も値動きが活発になる通貨ペアです。トレンドが発生しやすく、スプレッドが比較的安定しています。
GBP/JPY
(ポンド/日本円)
ロンドン市場で最も活発に取引されます。オープン直後に大きくレートが動くことが多く、相場の波を捉えられれば効率良くスキャルピングで利益を積み上げられます。
USD/JPY

取引量が多く、東京時間・欧州時間・NY時間のどの時間帯でもスキャルピングしやすい通貨ペアです。

EUR/USD

日本時間の16:00~26:00で特にスキャルピングしやすい通貨ペアです。取引量が多く、欧州市場で最も活発に取引されます。

GBP/USD

ロンドン市場からNY市場の前半で活発に取引され、値動きのスピードが速く、急な相場転換が起こりやすいのが特徴です。

EUR/JPY

欧州時間に最も値動きが活発になる通貨ペアです。トレンドが発生しやすく、スプレッドが比較的安定しています。

EUR/JPY

欧州時間に最も値動きが活発になる通貨ペアです。トレンドが発生しやすく、スプレッドが比較的安定しています。

GBP/JPY

ロンドン市場で最も活発に取引されます。オープン直後に大きくレートが動くことが多く、相場の波を捉えられれば効率良くスキャルピングで利益を積み上げられます。

Exnessのスキャルピングの注意点

Exness(エクスネス)では制限なくスキャルピングトレードをお楽しみ頂くことが可能ですが、以下の点にご注意ください。

レバレッジの制限

Exness(エクスネス)では、リアル口座の開設後すぐに最大2,000倍のレバレッジをご利用頂くことが可能ですが、口座残高、取引銘柄、時間帯によってレバレッジが制限されますのでご注意ください。

口座残高による制限

Exness(エクスネス)ではお客様に安全にトレードを行って頂けるよう、取引口座の有効証拠金残高が増加するごとに、ご利用可能な最大レバレッジが引き下げられます。取引口座のレバレッジを無制限に設定している場合でも、自動的にレバレッジを変動いたします。有効証拠金残高と適用レバレッジをご確認の上、スキャルピングトレードを開始してください。

Exness 口座残高によるレバレッジ制限
有効証拠金残高
(USD)
最大レバレッジ
0~999 無制限(*1)
0~4,999 2,000倍
5,000~29,999 1,000倍
30,000以上 500倍
  1. 無制限レバレッジは一定の条件を達成した場合に選択が可能になります。
取引銘柄による制限

Exness(エクスネス)では、「エキゾチック通貨」「エネルギーCFD」「株式CFD」「株価指数CFD」「仮想通貨CFD」と「貴金属の一部(パラジウムとプラチナ)」においてレバレッジが固定されています。取引口座のレバレッジ設定値に関わらず、銘柄毎に定められているレバレッジが適用されます。FXメジャー通貨ペア、マイナー通貨ペア、貴金属CFDのゴールド(金)とシルバー(銀)以外の銘柄でのお取引を希望される場合は、レバレッジをご確認の上、スキャルピングトレードを開始してください。

各銘柄のレバレッジ制限
商品 レバレッジ
エキゾチック通貨ペア
(FX)
200倍
パラジウム・プラチナ
(貴金属CFD)
100倍
エネルギーCFD 200倍
株価指数CFD 200倍
株式CFD 20倍
ビットコイン
(仮想通貨CFD)
400倍
イーサリアム
ライトコイン
リップル
ビットコインキャッシュ(仮想通貨CFD)
200倍
その他(仮想通貨CFD) 20倍
取引時間帯による制限

Exness(エクスネス)では、相場が急変動する可能性が高い時間帯で最大レバレッジを200倍に制限いたします。重要経済指標の発表や要人発言等のイベントの15分前~5分後、FX市場のクローズ3時間前(日本時間 土曜日4:00)からオープン後2時間(日本時間 月曜日8:00)は、取引口座のレバレッジ設定値に関わらずご利用頂けるレバレッジが200倍に引き下げられますのでご注意ください。

また、日本の祝日も相場の状況によってレバレッジに制限がかかる可能性がございます。レバレッジを引き下げる場合には、Exnessパーソナルエリアでご登録頂いているメールアドレス宛、もしくはMT4/MT5のメールボックスにてお知らせいたしますので、お取引を開始する前にご確認ください。

スプレッドが広がりやすい時間帯

Exness(エクスネス)では低水準のスプレッドを安定して提供していますが、市場の流動性が低くなるとスプレッドが広がりやすくなりますのでご注意ください。流動性が低い、つまり市場参加者が少なく取引が活発でないクリスマス・年末年始といった世界的な祝日や日本時間の早朝にあたるオセアニア市場オープンの時間帯などは、スプレッドが大きく広がりやすくなります。その他、各国の経済に影響を及ぼすような突発的なニュースが発生した時や、テロや紛争などの地政学リスクが高まっている状況もスプレッドの拡大に注意が必要です。

スプレッドが広がりやすい時間帯
  • 日本時間の早朝(午前4~8時頃)
  • クリスマス・年末年始
  • 重要経済指標・重要ニュース発表前後
  • 要人の発言
  • 地政学リスクの高まり
  • 経済に影響を及ぼす突発的なニュース発生時

Exness スキャルピングに関連するご質問(FAQ)